葬儀の費用|相場で一番安いところを調べるならココがお勧めです。

葬儀の費用や相場に関することなら【葬儀レビ】

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をご紹介する[R★Style]の横山です。

今回は葬儀の費用について、相場で一番安いところを調べるのに、是非おすすめしたい【葬儀レビ】をご紹介したいと思います。

後で「失敗したなあ~」なんて後悔しないためにも、どうぞ参考にしてください。


葬儀にかかる4つの項目

葬儀と聞いて、どのくらいの費用がかかるのかご存じでしょうか?

結婚式とは違い、故人が亡くなる場合は急に葬儀を執り行う必要が多いでしょう。

そのため、よく葬式の内訳を理解しないままに、言われた金額をそのまま支払うという方も多いのですが、それが結果的に後のトラブルになってしまうことがあり得るのです。

まず最初に葬式にかかる費用の内訳を、細かくご説明していきたいと思います。


葬儀にかかる費用は4つの項目にわかれます。

・施設にかかる料金

・葬儀施行にかかる料金

・参列者のおもてなし費用

・宗教者お礼・心づけ

の4つです。

葬祭業者から見積もりをもらった際に、一部の費用しか金額が書かれていなくて、後で追加の料金が発生してしまうということもありますので、この4つの項目については理解をしておきましょう。


最初の「施設にかかる料金」についてです。

葬儀を行う会場などの施設へ支払うお金がこれにあたります。

場所の賃料と考えてもらえば、わかりやすいでしょう。

まず病院で亡くなった場合、葬式が始まるまで遺体をどこに安置するか考える必要があります。

自宅の場合はお金は必要ありませんが、斎場や火葬場などの安置室で安置してもらう場合は料金が発生します。

また遺体の火葬に必要な料金も、この項目に入ります。

火葬場によっては、控室や待合室の使用料が別に必要になる場合もあるので、注意しましょう。

さらに式場で行う場合は、控室や待合室の使用料が別にかかります。

自宅で通夜と告別式を行う場合は不要です。

近年はセレモニーホールと呼ばれる、民間の斎場を利用する人が多くいらっしゃいます。

公営の斎場も利用できる場合があり、場所によって葬式にかかる金額には幅があります。

参列者の大まかな人数などを考慮して、会場の広さなどを決めるようにしましょう。

県外などから来る参列者や近くに公共交通機関などがない場合は、駐車場の有無や台数なども考慮した方が良いです。

葬儀会場やセレモニーホールで、無料で送迎のバスを出してくれるところもあります。

親戚一同自宅などへ集合して集まって移動する形です。

斎場と火葬場などが離れている場合の移動手段ともなります。

このように「施設にかかる料金」だけでも、たくさんの費用項目があります。


次は「葬儀施行にかかる料金」についてです。

通夜や告別式を行うために必要なお金のことをさします。

これは、祭壇やお棺の料金、執り行う葬儀の種類や規模によって金額が異なります。

また、遺影写真や遺体を保存するためのドライアイス代、霊柩車や骨壺代金なども必要になります。


三つ目が「参列者のおもてなし費用」です。

葬式に参列した方に対しての会葬礼状や返礼品、飲食費などが、これに当たります。

参列者の人数や品物のランクで、この項目にかかる金額は大きく異なります。


最後が「宗教者お礼・心づけ」のお金です。

葬儀の際にお呼びした僧侶などへの、お布施などにかかる費用になります。

お渡しする料金に特に決まりはありません。

地域によっては相場がある程度決まっている場合があるので、親戚などで葬儀を経験したことがある人がいれば、聞いてみると良いでしょう。

正直に来ていただいた僧侶などに、お布施の代金の相場を聞いてみても構いません。

これから長い付き合いになる関係だと思いますので、親切に答えてくれるはずです。

一般葬の費用や相場

通常とり行われる一般葬における費用の相場は、地域によっても異なりますが、全国平均だと90万円程度です。

一般葬以外の通夜から告別式、火葬のすべてを行う参列者が多い「家族葬」だと全国平均で57万円程度です。

一日葬だと44万円程度、火葬式の直葬で17万円程度となっています。

それらと比較すると一般葬にかかる金額は高いと言えるでしょう。

一般葬の最も多い価格帯が50万円台となっていますが、安いものだと20万円、高いもので150万円を超える葬儀まで、かかる金額も幅広くなっています。

一般葬は、遺族や近親者だけではなく故人や遺族の友人や知人、近所の付き合いの深かった人や会社の同僚や取引先など多くの人に参列してもらうため、葬儀会場の規模などが大きくなりがちです。

故人の仕事関係や遺族の仕事関係などが幅広い場合は、参列者が多くなる傾向にあります。

参列者の数が多くなると、それだけ広い会場を借りる必要があります。

そのため、会場費もそれに比例して、どうしても高くなってしまうというわけです。

立派な祭壇を用意する必要がありますし、参列者へのおもてなしを用意したりする必要もあります。

このように色々な金額がかかってくるため、一般葬の場合、家族葬などに比べて葬式代が高くなりやすいのです。

参列者へのおもてなしも、人数分が必要になります。

返礼品も参列者の数だけ必要になるわけですが、もし人数がわからない場合は、多めに用意する必要も出てきます。

参列者の向けの飲食の用意ももちろん必要です。

これも用意するもののランク、そして人数によって、大きく予算が異なります。

飲食の品も切らすことのないように配慮が必要です。

様々なところでお金がかかりますが、参列者が多ければ、香典の額も必然的に多くなってきます。

また、給付金や保険料等で費用の負担を軽減することもできます。

制度を上手に活用しながら、納得のいく形で故人を送り出したいものですね。

一般葬は、葬儀にかかる金額の幅が非常に広いため、行う場合はいくつかの施設に見積もりを取るようにしましょう。

会場によって料金が異なってきます。

料金とサービスを比較して最終的にお願いする葬儀会場を選ぶことで、後悔のない葬式ができるはずです。

家族葬の費用や相場

家族葬とは、遺族や親戚や特に親しい友人・知人を加えた小規模な葬儀のことを指します。

以前は言葉通り、家族のみで執り行われる葬儀のことを指していましたが、今は少し意味合いが異なって使われています。

家族葬にかかる費用の全国平均は、57万円程度となっています。

一般葬に比べると参列者の人数が少ない分、平均金額も安くなります。

最も多い価格帯が40万円台です。

家族葬の場合は、控室や待合室の使用料や会場の使用料も、一般葬に比べ参列者が少ない分小さな会場で対応ができるので、その分安くなるというわけです。

しかし安いもので、10万円台から高くなると140万円台まで、金額も幅広くなっています。

これは、一般葬と同じように、どのような葬儀を行うのか、祭壇やお棺をどうするか、飲食の予算をどの程度にするかなどによって、予算に幅が出るからです。

シンプルにお金をなるべくかけずに行うこともできますし、豪華なものにして故人を見送ることもできます。

費用がかかる項目に対して、それぞれ何を選ぶかによって、金額が大きく異なってくるというわけです。

また参列者のおもてなしの費用は、参列者の数が一般葬に比べると少ないため、料金を抑えることができるでしょう。

会葬礼状や返礼品などの数も少ない人数分で済ませられるので、料金も安くなります。

逆に一般葬の場合、飲食接待費は人数に比べると高くなる場合もあります。

参列者が親族か親戚親類に限られてくるので、久しぶりに顔を合わせた親戚なども多くいるはずです。

親類同士で話しが弾むことも多いため、アルコール類などが多く必要になる可能性があります。

家族葬は一般の会葬者は参列せずに、遺族や近親者などごく親しい間柄のみで行う小規模なものです。

故人が高齢の場合などは特に、親戚などが顔を合わす機会となり、昔話に花が咲くようになるでしょう。

そのような姿を故人が喜んで見ていると思うと、近しい家族・親戚だけで葬儀をする家族葬の良さが伝わってきますね。

一日葬の費用や相場

一日葬とは通夜を行わず、葬儀・告別式のみを一日で行います。

親族を中心に、特に故人と付き合いの深かった人たちで故人を見送るのが、一日葬です。

できるだけ親しい親族のみ集まって、故人を静かに見送ってあげたいという理由から執り行われます。

故人をゆっくり静かに見送ってあげたい場合には、一番理想的な方法とも言えます。

一日葬の全国平均の費用は44万円程度となっています。

通夜を行わない分、参列者の数も少なくなるので、一般葬や家族葬と比べて平均額も安くなります。

金額の幅は10万円台から120万円台で、最も多いのが20万円台の価格帯となっています。

一日葬は通夜を行いませんが、施設使用が1日で収まらない場合があります。

葬祭業者や斎場によっては二日必要になるケースもあるので、確認するようにしましょう。

通夜を行わないからといって、施設にかかる金額が必ずしも安くなるわけではありません。

また、祭壇やお棺などの選択肢は、一般葬や家族葬と同じようにどんなものを選ぶかによって大きく異なってきます。

どんな葬儀を行うかによって、金額に大きな差が出てきます。

ごくシンプルにできるだけ質素に行うこともできれば、なるべく豪華に故人を見送ってあげることもできます。

一日葬が選ばれる理由の多くは、できるだけ料金を抑えたいという理由によるものです。

会葬礼状や参列者への返礼品などは参列者の人数で変わるので金額に幅が出ますが、一般葬や家族葬に比べると少人数になるので、費用は安く抑えられるでしょう。

しかし、参列者の数が少ないということは、香典の金額も少なくなります。

負担しなければならない実質的な金額は、一般葬や家族葬とあまり変わらない場合もあります。

直葬/火葬式の費用や相場

通夜や告別式というような儀式を行わず、ごく近しい身内だけで火葬だけを行うお葬式のことを「直葬」や「火葬式」と呼びます。

基本的に読経も行わないのですが、火葬時だけ僧侶を呼んで読経してもらうこともあります。

かかる費用の全国平均は19万円程度となっています。

火葬のみを執り行うので一般葬や家族葬、一日葬のなかで、もっともお金をかけずに行うことができる葬儀形態です。

最も多い価格帯で10万円台で、多くても20万円台がほとんどです。

火葬式の場合は通夜や告別式を行わないため、式場利用料などの施設にかかる金額が少なくて済みます。

施設にかかる費用で必要なのが、火葬料のみになります。

火葬までの間に遺体を安置する遺体安置施設を利用する場合には、施設の使用料が発生します。

最低限必要となるのが、お棺や骨壺、骨壺を入れる骨箱代などの金額です。

お棺や骨壺や骨箱の代金は、どれを選ぶかによって異なってきます。

会葬礼状や返礼品や飲食接待費などの参列者のおもてなしの費用も、儀式を行わずに身内のみが参列するため、かからない場合が多いです。

宗教的な儀式を一切行わない場合は、僧侶などへのお布施の宗教者のお礼のお金はかかりませんが、火葬時に僧侶を呼んで読経を頼んだ場合はお布施が必要となります。

お布施の相場も地域によって異なる場合があるので、素直に僧侶にいくら包んだら良いのか聞いてみたほうが良いでしょう。

僧侶に聞くのがためらわれる場合は、知り合いで葬儀を行ったことがある人に聞いてみても良いでしょう。

基本的に、直葬の火葬式は、宗教的儀式を行わず火葬のみを行うものであるため、最低限の出費で済ますことができます。

参列者も近しい身内の方のみが参列するため、香典収入はあまり見込めません。

また、お別れの時間が十分に取れないなどのデメリットもあります。

葬儀の費用が一番安い!ココで調べる!

葬儀は前もって計画しておくことができず、突発的な状況で必要になることがほとんどでしょう。

時間にも限りがある中で、どのような内容にしたら良いのか、どこで行えば良いのか、どのくらいの予算が妥当なのかを考える必要があります。

人生の中で、そう何度も喪主として執り行うことはありません。

初めて喪主として葬儀を執り行うことになったとき、どうしたらいいのか迷う人がほとんどです。

そんなときには、葬儀の費用が一番安いところを調べることができる、一括見積もりの「葬儀レビ」をおすすめいたします。

全国にある約900社の葬祭業者の中から、最大5社までの見積もりを無料で取り寄せることができるようになっています。

もちろん全国どこに住んでいても利用ができます。

一括見積もりをすることで、自分の地域の相場を知ることができるでしょう。

何社か比較検討をして、実際に依頼する葬祭業者を決めることも可能です。

無料一括見積もりはホームページから365日、24時間いつでもできます。

利用料も特にかかりません。

無料で利用できるので、安心して利用できるのではないでしょうか。

入力する項目も1分程度で簡単にできます。

ですので急ぎの場合でも問題ありません。

質問したいことを聞いたり、要望を伝えることもできます。

葬祭業者には直接聞きにくい費用のことや、葬儀の執り行ない方の相談なども「葬儀レビ」のスタッフに細かく聞くと良いでしょう。

葬儀会場もテレビなどのメディアなどで取り上げられたことのある特徴的な斎場から、各地域の優良斎場まで様々です。

数多くの葬祭業者の中から、自分の希望にあった最適なところを探すことができるのです。

またホームページでは、葬儀にかかる費用を抑えるポイントなども紹介してます。

どのようなものに料金が発生するのか、抑えられるものは何があるのかなど、詳しい説明がなされています。

ホームページに書いてある情報を読むだけでも、何をポイントに葬祭業者を選び、どのように相談をして進めていけば良いのかが理解できるはずです。


公式サイト

葬儀の費用を一括見積もり【葬儀レビ】